前へ
次へ

営業の求人の魅力と休日を確保するための転職

営業の求人に注目してみると、休日に関して言及されている事が多々あります。
年間休日は120日以上であるとアピールされている営業の求人も多いです。
ところで転職を検討している方々は、その営業の求人の休日に着目している事があります。
休日に魅力を感じて、営業の求人に応募している方も多いです。
人によっては、営業という仕事は多忙であるというイメージを描いている事があります。
朝から深夜まで、毎日のように飲み続けているというイメージが描かれている事も、実際あります。
しかしそれは誤解で、「全て」の会社で飲み続けている訳ではありません。
実際には、本人がきちんと成果を出していれば、休む事ができる会社も多いです。
どういう事かというと、そもそも営業という仕事には成果が求められます。
売上件数などの目標さえクリアしていれば、優遇されるケースも多いです。
きちんと結果を出していれば、休日が確保される企業も沢山あります。
例えば目標数字は、月間10件だとします。
営業マンによっては、月の半ばぐらいにその10件という目標をクリアしている事もあります。
その場合、会社としてはその人材を優遇してくれるケースも多いです。
10件という目標自体はクリアしている訳ですから、休日を多めに確保してくれるケースも実際あります。
会社としては、売上数字という一番大切な点さえクリアしていれば、従業員を優遇してくれる訳です。
数々の営業の求人を見てみると、その優遇の姿勢が感じられる会社を見かける事もあります。
他の職種の場合、そうでないケースが多々あります。
たとえ本人が頑張っていても、休日出勤を余儀なくされてしまう会社もあります。
休日出勤が連日続いてしまうのは、あまり健康に良くありません。
その場合、営業の求人への応募も検討してみる価値があります。
上記のように優遇してくれる会社に転職して、現状の悩みを解決する訳です。
実際、それで休日の悩みが解消されるケースもよくあります。
本人の頑張り次第で休日を確保できるのは、営業職の魅力の1つです。

none

Page Top